銀行カードローンの審査

今やどこの銀行でも小口融資向けのカードローンを出しており、貸金業法の総量規制導入で消費者金融での借入れは難しくなったため、カードローンの需要は高くなってきています。
しかし、カードローンの審査は消費者金融に比べ審査はきびしいと言われているので、申込みはしたいけれど借りられるか不安といった人もいます。
キャッシング即日融資ガイド|最速のチータンが徹底解説!を参考に解説致します。

 

[銀行カードローン]

銀行と言えば住宅ローンや自動車ローン、不動産担保などの大口融資などの商品しかないように思われていますが、銀行にも商品として小口融資はありましたが、あまり力を入れてきませんでした。

 

10年ほど前から大口融資で利益を上げることがむつかしくなったため銀行もカードローン市場に参入してきました。

 

今まで貸出しに担保や保証人がなければ利用できなかった銀行に小口融資ができるはずはないと思われていましたが、今の銀行カードローンは大手消費者金融と同じ水準、もしくはそれ以上のサービスで積極的な融資をしています。

 

[カードローンの審査とは]

銀行小口融資は、無担保でお金を貸すために担保や保証人をつけるために時間がかかっていました。

 

ここ数年、銀行と消費者金融の提携が進み、多くの銀行は大手消費者金融やクレジット会社が保証会社が保証会社としてつくようになりました。

 

カードローンの申込条件として「当行の保証会社の保証が受けられるかた」と書かれているように、銀行の審査と保証会社の審査、両方のカードローン審査に通らなければなりませんが、ほとんどの銀行は受付窓口になっているだけで、実際は保証会社が審査をし、審査にとおれば融資が受けられるといった体制になっています。

 

保証会社の審査は、コンピューターを使って申込書の内容や信用情報機関の個人情報をもとにして審査をおこない、融資をしても返済ができるかどうかを判断します。
信用度が高ければ融資が受けられる可能性は高くなり、信用度が低くいと融資が受けられなくなりますが、給料をもらって普通の生活をしていれば、まず審査に落ちることはありません。

 

融資が受けられるかどうかを調べる方法として、キャッシング会社のホームページに「借入前診断」といったシミュレーションが用意されているので、こちらを利用すればおおよその見当はつけられます。

カードローンに人気がある理由

 

キャッシングは貸金業法の改正により消費者金融のキャッシングは以前と比べて制限を受けるようになり、銀行カードローンは総量規制の対象外になるため年収に左右されないことから借りやすいイメージがあります。

 

また銀行カードローンは、一般的に低金利であることから、いままでになく銀行カードローンは注目されるようになり、ランキングサイトを見ても銀行カードローンは上位に位置しています。

 

[銀行カードローンの人気がある理由]

銀行カードローンに人気が有る理由として、銀行でお金を借りるといった安心感や、低金利でお金が借りられるというところが人気のある原因となっていますが、最近は即日融資も可能な銀行も増え、安心感、低金利に加えて即日融資ができるようになったことからさらに人気度が上がっています。

 

たとえば新生銀行のカードローン「レイク」や三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は口コミサイトやランキングサイトを見ても常に上位に位置しているので人気が有るカードローンと考えてもよいでしょう。

 

これまで銀行カードローンは審査がきびしく、融資が遅いということからあまり人気はありませんでしたが、「レイク」は審査は通常30分ほどで終わるので即日融資が可能で、「バンクイック」はインターネットから申込みをすれば30分で審査が終わることや、テレビ窓口から直接申し込めばわずか40分でカードの発行がされるというスピード融資が可能で、銀行カードローンは審査がきびしいと言われているなかでも、他のキャッシング会社で審査に通らなかった人がバンクイックに申込んだら借入することができたという書き込みも多くあります。

 

[銀行カードローンランキングを見る]

インターネット上にはランキングサイトや口コミ情報などキャッシングについてのサイト数多くあります。

 

金利別でをしたり即日融資が可能かで比較をし、サイトごとに独自のランキングを付けていますが、肝心なのはサイトに書かれている利用者の意見で、利用者は実際に自分が経験したことを書き込んでいるので、自分と同じような環境の人の意見を見ることできます。

 

キャッシングは一度契約してしまうと、解約するまで契約は続くことになるのでインターネットなどから情報を得て自分にてきしたキャッシング会社をえらぶことが重要になります。

 

消費者金融が保証人になる

金融機関でお金をかりるとき、保証人がいないときは保証会社の保証でお金が借りられます。
銀行カードローンも担保は不要になる代わりに消費者金融が保証会社になり、保証会社の保証がないと融資が受けられません。

 

銀行カードローンの申込条件に「当行指定の保証会社の保証が受けられるかた」と書かれています。
この保証会社にあたるのが消費者金融やクレジット会社で、大手銀行は大手消費者金融やクレジット会社と提携をし、銀行の審査と保証会社の審査を受けて審査に通れば融資が受けられるようになります。。

 

キャッシングは無担保でお金が借りられるといいながら、銀行カードローンの場合は消費者金融がいわゆる保証人にあたります。
ですから銀行カードローンは申込の窓口になり、、保証会社の審査にとおって初めてお金が借りられるようになります。

 

仮に返済がとどこおった場合、保証会社が利用者に代わり代理返済をし、債権は保証会社に移ります。
その後の取り立てや連絡は保証会社から入るようになるので、銀行は何の損害もありません。

 

おもなカードローンの保証会社に、みずほ銀行はオリエントコーポレーション、三菱東京UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はSMBCコンシュマーファイナンスなどがあります。

 

大手銀行の審査スピードがはやくなり即日融資ができるようになったのもこうした個人融資に強い消費者金融の個人情報のノウハウと、銀行が持つ情報網を共有することができるようになったことが大きな要因ともいえます。

更新履歴