MENU

消費者金融の利便性

日頃何事もなく生活が続いているとき、何らかの事情でどうしてもお金を用意しなければならなったことが有ると思います。
そんなときどこで用意するか悩むところで、身内や知人に借りる方法もありますが、消費者金融や銀行カードローンでお金を借りるのもひとつの選択肢です。

 

「なぜキャッシングがおすすめなのか」

お金を借りる方法に、親や兄弟といった身内に頼む方法や知人に頼むという方法があります。
しかし、この方法でお金を借りると、人間関係がうまくいかなくなり、お金が原因でトラブルになることも多く簡単なようですがおすすめできません。

 

キャッシングは、お互いが納得の上で契約書をかわし、その契約に乗っ取ってお金を貸してもらい、契約通りに返済をすることになるので、感情によるトラブルがありません。
また、キャッシングは無担保でお金が借りられるので、誰かに保証人になってもらう必要もなく、自分の信用度だけでお金が借りられるので人に迷惑を掛けることもありません。

 

「消費者金融と銀行カードローン」

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行で申込ができます。
消費者金融の利用人口は約1,200万人とも1,400万人とも言われています。

 

一方銀行カードローンの利用者数というデータは、残念ながらどこも調査をしていませんし、公表もしていませんのでわかりませんが、銀行が信用情報機関へどれくらい紹介しているかで推測すると、平成24年度は946万件となっています。

 

数字から見ると金利が高いとわかっていながら消費者金融の利用者数が多くなっているのには何か理由があるはずです。
そのひとつは、金利が安ければ安いに越したことはありませんが、それ以上に必要なときにすぐ借りられるということを考えると消費者金融になります。

 

ただ、お金を借りるときは、金利だけで比較するのではなく、返済期間もあわせて考える必要があります。

 

いくら金利が低くても長期返済になってしまうとそれほどメリットがなく、むしろ多少高くても短期返済をすれば、その差はないに等しいと言えます。

 

「消費者金融の利便性」

銀行カードローンは低金利で利用できるけれど、審査がきびしく、時間がかかるというデメリットがあります。
キャッシングの利用目的を調べてみると「生活費の補填のため」というのが最も多いのが実情です。

 

生活費補填のためにお金を借りる場合、金利面よりむしろ借りやすさ、融資までの時間が短ければ短いほどありがたいものです。

 

そういったことから考えると、大手消費者金融は即日融資でお金が借りられるので、今日明日中にもお金を用意しなければならなくなったとき、銀行カードローンで申込むより利便性に優れていると言えます。