MENU

銀行カードローンとの違い

キャッシングをはじめるとき、キャッシングの目的を決めて申込をすれば、自分の思っているキャッシング会社が見つけられます。
キャッシングは消費者金融のキャッシングやクレジット会社、銀行のカードローンで申込があり、それぞれに特徴があるのでそれを知ることで期待通りのキャッシングが始められます。

 

「消費者金融の特徴」

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの一番の違いは、消費者金融を利用してキャッシングをするとき、消費者金融は貸金業法の適用を受けるので、貸金業法の総量規制から融資限度額は年収の3分の1以内になります。

 

たとえば年収が450万円の人が消費者金融でお金を借りたいとき、融資限度額は最大で150万円までとなり、それ以上は借りられません。
また、借入希望額が50万円をこえる場合や、すでに他社で融資を受けている場合、その借入残高と借入希望額が100万円をこえる場合は、収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など年収がわかる書類)を提出してもらい、年収を確認することになります。

 

消費者金融の原資は銀行からお金を借りて、利用者に貸し付けているので銀行に対して金利を払わなければなりません。
そのため、銀行に比べて金利が少し高めに設定されています。

 

「銀行カードローンの特徴」

銀行カードローンは大手銀行に限らず都市銀行、信用金庫などあらゆる銀行がカードローンの積極的に取り組みをしています。
本来、銀行は大企業などへの大口融資や目的ローンに軸足を置いていましたが、不況が続きこれらでは利益が見込めなくなり、もともとから持っていた小口融資に軸足を置き換え、現在は消費者金融と同様に小口融資で利益を上げる方向で事業をおこなっています。

 

銀行カードローンは銀行法で運営しているので、貸金業法の対象にはなりません。

 

そのため融資限度額は決まっておらず、銀行が独自の基準を設定し、審査に通れば年収に関係なく高額融資を低金利でお金が借りられます。
消費者金融でお金を借りるには年収が必要ですが、銀行カードローンは年収のない専業主婦でも申込ができます。

 

銀行カードローンの審査は無担保でお金を貸し出すので審査が厳しく、消費者金融のように即日融資でお金が借りられるのは一部のカードローンだけで、すぐにお金が必要になったときは不向きと言えます。

 

「消費者金融、銀行カードローンどちらを選ぶか」

このように、消費者金融と銀行カードローンには大きな違いが有るので、自分がどう利用したいのかで申込先を決める必要があります。

 

○金利が少し高くてもよいから今日明日にでもお金が借りたいときは消費者金融。
○時間がかかってもよいから金利を少しでも安く利用したいときは銀行カードローン。
○無収入の専業主婦がキャッシングを始めたいときは銀行カードローン。

 

といった特徴を知ることが重要になります。